ホーム NEWS 🍂紅葉登山👒

2018.10.14ブログ

🍂紅葉登山👒

前回のブログで「ワタクシ氏」がマジンガーとの回顧録を熱~く

語ってくれてますね!涙しながら拝読しました。

今日は豪先生も高校時代、登山同好会に入っていたという事で「山登り」について
語りたいと思います📚

 

 

 

今、季節は紅葉シーズン真っ盛り🍂

能登・輪島から北アルプスへ「紅葉狩り登山」へ行って来ました。

天気予報では台風接近に伴って大荒れ情報⚠どうなることやら・・(-“-)

 

 

 

 

目的地は「西穂高岳」の「独標」(呼称:西穂独標)

輪島から「西穂高岳」の登山口のある奥飛騨温泉までは
⇒のと里山街道→北陸自動車道→東海北陸道→中部縦貫道→県道を走って4時間半ほど
「新穂高ロープウェイのりば」へ到着!

シーズン中、ロープウェイは朝7時から臨時便が出ています🚊

 

 

 

ロープウェイで上がった展望台からこれから登る西穂の稜線や

アルプスの山々が望めます。

登山者憧れの「槍ヶ岳」も近くに見えますよ。
目の前の「笠ヶ岳」は名前の通り笠を被っていますが、まずまずの天気☀

 

 

 

 

登山スタート!まずは樹林帯を1時間半程みっちり歩きます。

登ったり、下ったり、また登ったり、中継地点「西穂山荘」を目指します。

 

 

 

「西穂山荘」から更に「西穂・丸山ケルン」を経由して

言葉では表現しきれない急な岩場や急勾配に食らい付き・・
必死の大冒険を繰り返すこと1時間40分

 

 

 

目的地「西穂独標」制覇❕❕

視界は残念ながら霧中の世界ですが、晴れていれば上高地の大正池まで見渡せる
360°大展望が広がります。雨が降りそうなので少し休んで下山開始。
「西穂山荘」で有名な「西穂ラーメン」を目指します。

 

 

 

膝がガクガクになりながら、岩場を下って45分。

なんとか「西穂ラーメン」で身体を温める事が出来ました☆
が・・、「西穂山荘」からロープウェイのりば迄は、また来た樹林帯を
1時間ほど懸命に歩きます。残りの力を振り絞ってレッゴー❕

 

 

 

ようやく乗り込んだロープウェイは台風の影響から突風を受けて緊急停車。

途中、宙ぶらりん状態になるというハプニングもありましたが(とても怖かったです)
往復6時間半の「紅葉狩り登山」はケガなく、無事終了!!
その夜は達成感の美酒に酔いしれました🍶

 

 

 

 

《毎月「5」のつく日は「割引デー」》

永井豪記念館の入館料 大人・小人(小中学生)とも

100円!

永井豪先生

2018年度 第47回日本漫画家協会賞

文部科学大臣賞 受賞記念

対象日:2018年9月~2019年3月までの

毎月「5日」「15日」「25日」