ホーム お知らせ 歴史への誘い

2017.11.01ブログ

歴史への誘い

能登には、日本の文化を物語る歴史の足跡があります。

千年以上前の古代から現代へと続く道。

能登の人々が築いてきた紆余曲折の数々を

この秋、もみじ狩りを兼ねてぶらっと散歩してみませんか。

 

 

全国から歴史を訪ねる旅人がやって来る「石動山」

石動山は、標高564メートルの大宮・白山宮跡を頂きとして

中世の最盛期には360余の僧坊に 3千人の信者を抱える勢いがありましたが

1335年と1582年の2度、全山が焼き払われました。

 

 

その後、江戸時代には加賀藩の庇護によって勢力を回復。

しかし、明治政府の神仏分離で再び荒廃が進みました。

 

近年、大宮坊の復元が1998年に始まり2002年に完了しました。

この大宮坊をはじめ、昔の面影を伝える伊須流岐比古神社本殿と拝殿、

江戸時代後期の風格を今に伝える 茅葺き屋根の旧観坊は現存する唯一の建物です

 

 

石動山にはゆっくり2時間かけて歩くコースもあって

山陵の一角には能登では珍しいブナ林が広がり

悠久の歴史に思いを馳せる人たちを 穏やかに迎えてくれます。