ホーム NEWS 輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」

2022.11.09ブログ

輪島・白米千枚田「あぜのきらめき」

輪島市中心部から東へ車で約20分走ったところにある「白米(しろよね)の千枚田」。

日本海に面して1004枚の棚田が展開しています。

この千枚田は日本の棚田百選に指定され、世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」を代表するスポットとしても知られています。

この「白米の千枚田」では、今「あぜのきらめき」というイベントが開催されています。

棚田のあぜ道に25,000個のソーラーLEDライトが設置されているのです。

昼間、太陽光で充電され、辺りが暗くなると自動で点灯するというもの。

LEDはピンク→グリーン→ゴールド→ブルーへと変化します。

いやぁ~、ワタクシ数年ぶりに「あぜのきらめき」を見てまいりましたよ!(^_^)v

日中の千枚田は何度も見ているのですが、夜の千枚田は正に幻想的。

一つ一つは小さな灯りなのですが、25,000個もの灯りが集まると、圧倒的な光の世界が繰り広げられていました!

この日も大勢の方々が光のムーブメントに見入っていましたよ。

ワタクシ的には「ホバーパイルダー」を操縦して、空から見てみたいと思いながら眺めておりました。(^_^;

ワタクシが撮影した拙い画像より、生で見た方が何倍もキレイです。

期間は2023年3月12日(日)まで。点灯時間は日没から4時間。見ごろは19時~20時です。

現地は寒いので防寒対策を万全にしてお越しくださいませ!