ホーム NEWS 新春スペシャル🏁鳥取・境港へ行って来た!

2021.01.07ブログ

新春スペシャル🏁鳥取・境港へ行って来た!

 

水木しげる先生のふるさと🏁境港GO!

 

輪島市内から🚗→のと里山海道→北陸自動車道→名神自動車道→新名神自動車道→中国自動車道→
→米子自動車道→山陰国道431号を北上し、鳥取県境港駅通称:鬼太郎駅へ到着!
移動距離は片道およそ700キロ、所要時間は時間程でお正月の高速道路はガランとしてました。

 

まんが王国とっとりの境港市シリーズの作者、

で漫画家・水木しげる先生の出身地。

 

 

 

 

JR境港駅から妖怪ブロンズ像がお出迎えしてくれる「水木しげるロード」

 

約800メートルの遊歩道で、水木しげる記念館に結ばれています。
妖怪漫画に登場する177体の妖怪ブロンズ像が、陽気な笑みと不思議なオーラで来る者を
妖怪世界に誘います。本来、人間の視力では見えない妖怪たちが次々と目の前に現れる!
👻ロード散策後は、たくさんの妖怪と知り合った気分になります。

 

 

 

初詣は妖怪神社にて、妖怪パワーにあやかる。

 

水木しげるロードには妖怪研究所・妖怪タクシーに、おばけ屋敷っぽいATM。
公園広場では鬼太郎と仲間たちが世界妖怪会議の審議中で、まさに妖怪が街を彩っていました。
因みに水木しげるロードと隣接する境漁港は、紅ズワイガニの漁獲量で日本一を誇る
国を代表する重要な港。ここから鬼太郎フェリーで隠岐の島へ渡ることができます。

 

 

 

 

たくさんの妖怪と出会ったあとは「水木しげる記念館」

お正月に入館すると限定100名でもらえる恒例のお年賀・手ぬぐいをGET!
入場は新型コロナウイルス感染症予防、拡大防止のため時間帯による総入れ替え制の
入場制限になっていて、消毒など徹底されており安心して観覧できました。

 

 

 

境港は創意工夫に満ちた妖怪パワー溢れる鬼太郎が棲む街

水木しげる先生のふるさと鳥取県は、輪島から遥か彼方と思っていましたが行ってみて
とても楽しかったのでオススメ観光地です。コロナ禍が収まって、
みんなが普通に気兼ねなく旅行できる年となりますように・・そんな日々が待ち遠しい🐮