ホーム NEWS 春よ、来い🐒

2021.03.25ブログ

春よ、来い🐒

 

一足先に春を探しに行って来ました!

春分の日が過ぎ去って陽射しはだいぶ春めいて来ましたが、

3月の石川県はまだまだ寒く白山麓では冬が色濃く残っています。

今季はドカ雪がよく降ったせいか例年以上に山肌が荒れ、残雪が目立ちました。

 

 

自然の中から小さな春の兆しを探しているさなか、野生のサル親子に会いました🐒

遠くからカメラを向けると猛ダッシュで雪山へ消えて行き、親ザルの手をよく見ると

慌てながらも何かしっかり握っています!新玉ねぎ?またはカブ

 

 

民家の畑からこっそりカブをくすねる野生サル。野山の草木が雪に覆われる冬、

サルはエサを取るのが難しくなり木の皮冬芽を齧って過ごします。

春が間近に迫っても雪どけが長引くとエサが取れず、冬を乗りきる事が厳しくなります。

雪国で生活するサルは新芽若葉、昆虫などエサが豊富になる春を待ちわびています。

 

 

早咲き品種の「河津桜」は今満開。

2月中旬から3月末頃まで楽しめます。県内のソメイヨシノの見頃は4月上旬頃。

「河津桜」はソメイヨシノに比べてピンク色が濃いのが特徴です。

 

 

一雨ごとに木の芽・花の芽が膨らむこの時季、雨の日続きでこの日も雨でした。

雨足が強くなる中、雪解けのなだらかな尾根を散策していると春探しの大本命、

春の妖精ーカタクリの花」を見つけました。

しかしながら、この大雨で春の妖精は姿を現さず・・花はしぼんだまま(涙)

 

 

春の妖精を愛でる気満々で出発したので、非常に残念な結果です。

しかし野山で着実に春の訪れを感じ山菜が食べごろを迎えていました。

 

雨が上がったら、春の里山ハイキングへGO~!

例年、県内外からたくさんの観賞者がやって来る能登の雪割草3分咲きのようです。

 

 

 

詳細コチラより↓

能登雪割草まつり・門前そばの市 2021年4月3日(土)・4日(日)

|輪島たび結び(能登輪島観光情報ポータルサイト)輪島市観光課・輪島市観光協会公式サイト (wajimanavi.jp)